ディスカッションも豊富

少人数参加型の研修は、一方的に講義を受けるだけでなく受講者同士のディスカッションの機会が多いというメリットがあります。講義型の需要では、しっかりと研修内容を身につけたかどうかその場で確認することはできません。一方、少人数型の研修であれば、講師から各受講者に話を振ることができますし、理解しているかどうかを随時問うことができるのです。また、受講者同士でケーススタディやワークショップを行うことで、他社の意見などを聴く機会も増えます。講師の正解を聞くだけでなく、実際に受講者とディスカッションをして回答を出すと、学びがより深いものになるでしょう。同じ会社の人はもちろんですが、普段仕事を一緒にしない社内外の人と学ぶことはより刺激を受けることにつながります。

より実践に近い内容になる

少人数の研修では、より実践に近いロールプレイングが可能です。名刺交換などをする新人研修では、実際にやってみないとわからないこともあります。実際に少人数でビジネスの現場を再現することで緊張感を持って講義を進めることが可能です。マネージャー研修のような、現場に学んだスキルを生かさなければならない研修では、おこりそうなケーススタディをグループワークでディスカッションします。ディスカッションをすることで、自分のやり方だけでなく、同じ立場の社員はどういった行動をするのか知ることが可能です。これらの研修で得ることができる知識やスキルは、より実践に近い内容のため、すぐ現場で役立てることができるでしょう。即戦力をつけたい研修に最適です。