研修結果の評価はフィードバックが大切

人材育成研修を実施したときには参加者にどのような効果があったかを評価するのが基本です。それによって研修のコストパフォーマンスがどの程度だったかがわかるだけでなく、次回に向けてどんなことを検討して研修を作り上げなければならないかが浮き彫りにされます。ただ、その評価結果を人事の間だけで留めてしまうのではなく、本人にフィードバックするのが大切です。フィードバックをすれば課題点が何かを本人も理解することができるからです。その結果を受けて自分なりに努力して成長を遂げてくれる人もいるでしょう。また、フィードバックを受けることで人材育成研修の内容を思い返すきっかけにもなるため、効果がさらに高まると考えられます。

フィードバックの方法を考えよう

評価結果のフィードバックをどのようにして行うかは慎重に考える必要があります。例えば、書面にして一人ずつ渡していくこともできれば、メールや社内システムなどで閲覧できるようにすることもできるでしょう。このような一方向のフィードバック方法もありますが、上司や人事が対面で評価結果を通達するやり方もあります。人材育成研修にどんな内容を盛り込んでいたか、何を目標にしていたかによって適切なフィードバックの仕方も異なります。個人の成長を促すのが目的だったならメールなどで評価を伝えるだけでも問題はないでしょう。しかし、組織やチームとしての成長を目指していたのであれば上司から直々に評価を伝えさせるのも効果的です。